「原発事故被害者の救済を求める全国運動」第二期を立ち上げます。
 
第一期の活動で一定の成果をあげたというものの、原発事故被害者をとりまく状況は一向に改善されていません
原発事故子ども・被災者支援法は真の意味で実施されたとはいえません。
 
よって、私たちは、第二期を立ち上げ、原発事故被害者にとって緊急性の高い施策の実現を求め、立法措置を含め、世論を喚起するとともに、政府や国会議員への働きかけを行うこととなりました。具体的には下記の通りです。
 
◆ 原子力災害に伴う避難者の住宅問題の解決のための立法措置
◆ 健診の支援・医療費減免措置
◆ 子どもたちの保養プログラムを実施する国家体制の構築
◆ 原発ADRの和解案の完全実施
 
このため、広範な各層で連携し、各地での集会等による世論の喚起、調査、請願、ロビイングなどを予定しています。
つきましては、引き続き、ご協力をいただけますよう、よろしくお願いいたします。
 
また、下記の通り、キックオフ集会を福島県郡山市で開催いたします。ぜひご参加いただければ幸いです。併せてご案内させていただきます。
 
・日時:2014年10月13日 13:30~16:30
・場所:郡山市労働福祉会館(住所:福島県郡山市虎丸町7番7号)
 
連絡先  原発事故被害者の救済を求める全国運動実行委員会
【福島】 いわき市議会創世会 佐藤和良
福島県いわき市平梅本21 
TEL : 0246-22-1111(代表)内線4132 FAX : 0246-25-8380
【東京】 国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9
Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986