配布資料1>「チェルノブイリ法」 ~原発事故後5年後の約束~(尾谷亮さんプレゼン資料)

配布資料2>「帰還政策と住宅支援の打ち切り」 (満田夏花プレゼン資料)

配布資料3>パネルディスカッション資料1_瀬戸大作さん説明資料

配布資料4>パネルディスカッション資料_避難者数、避難者への通知など

アクション提案

>チラシ(PDF)

復興のかけ声のもと、健康リスクと住民の意思を無視した帰還が促進され、放射能安全キャンペーンのもとに、避難者の切り捨てと健康被害を把握させない政策が進んでいます。国による避難者の住宅支援打ち切りを撤回させ、避難者の生きる権利を守りましょう!

 
◆日時:6月4日(土)13:30~16:30
◆場所:板橋区立文化会館4F大会議室(板橋区大山東町51-1)>地図
東武東上線「大山」駅 北口から徒歩約3分都営三田線「板橋区役所前」駅 A3出口から徒歩約7分
 
◆内容
【特別報告】 尾松亮さん 
「チェルノブイリ法」 ~原発事故後5年後の約束~
 
住宅支援無償継続  岡田めぐみさん(武蔵野スマイル)
東京に避難している当事者からの報告 避難者意向調査とこの間の政府交渉、自治体交渉での経過.避難当事者団体の動きと避難者の声 
 
【助言と討論】 大西連さん(認定NPO法人自立生活センターもやい理事長)
住まいの権利獲得の為に活動している経験から区域外避難者の住宅支援打ち切り撤回に向けた取り組みに向けた提起
 
4.避難指示区域解除と賠償/健診の拡大の必要性 満田夏花(FoE Japan)    
 
 
参加費:500円(避難当事者は無料)   
 
主催:原発事故被害者の救済を求める全国運動実行委員会
 
連絡先
 国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9
Tel:03-6909-5983